パンダ神社


海老名の有鹿神社(あるかじんじゃ)は、パンダで有名だ。宮司がパンダの被り物をして一躍有名になった。
とてつもない破天荒な事が、宣伝になったそうだ。縄文時代からある神社を宣伝しない手はない。

『約1万年前に氷河期が終わり温暖化となり、豊かな縄文時代に入り、神奈川県辺りの縄文集落は、1つの国家としての機能を持っていたことも考えられる。その国家が信仰した神の1つが有鹿比女命だとも言える。
相模近辺の民が信仰していた神は、他の土地からやってきた「征服者」によって、その征服者の本拠地に移動させられ、有鹿神社の本宮は海老名の相模川横に鎮座した。』とある。

相模国最古級の有鹿神社と勝坂遺跡

富士山と穭田

稲刈りが終わった後の田んぼを穭田(ひつじだ)というそうだ。大山から覗く富士山と田んぼの風景は、残るのだろうか。田園風景も開発開発で消えて無くなる。

金に目が眩んで都市化を進めれば、あっと言う間にコンクリートジャングルになる。そして、年数が古い順に廃墟となる。未来の子供達に残すべきものは残す。それがせめてもの社会貢献になるのだが。

超入門!落語 THE MOVIE – NHK

落語家が喋っている音を聴きながら、アテレコで俳優や芸人達が映像として演技する番組がある。千鳥の大悟さんがやった落語は、面白かった。本当に適役だった。

他にも酔っ払い役の佐藤二郎さんなども当て役だつた。声は落語家さんなのて、女性役の女優さんなどは違和感があるが、直になれて話の中に入り込んでしまう。

特に、『ツリは要らねえ、余ったら土地でも買ってくれ』と言う落語の中のフレーズが気に入ってしまった。
今年はこれで、笑い飛ばそうと思ってしまった。

落語・・・たったひとりの噺家が座ったまま物語を語り、多彩な登場人物や情景、笑いと人情の機微を伝える・・・観客は想像力をフルに働かせて楽しむ、 すぐれた「脳内エンターテインメント」ですとある。

http://www4.nhk.or.jp/rakumov/

氷の世界

氷の世界に朝散歩

蒼く拡がる空の下、寒風もおさまり、穏やかな朝を迎えた。

水鳥の池に、鷺が日向ぼっこをしている。

池に目をやれば、鴨たちが水辺で静かな時を過ごしている。

人間だけが、忙しく動いている。

折角の休暇だから、動き回る必要が無いのに。

本当の正月を楽しんでいるのは、人間以外の動物たちかも知れない。

 

 

お節と八海山と

 

横浜の実家で手作りのお節を頂いた。ここで、お正月を家族で楽しむのだ。

家の冷蔵庫には、お節は伊達巻きしかない。

運転するので、お酒が飲めない。だから、八海山をおすそ分けしてもらった。父が新潟出身だから、酒、米、魚介類が送られてくるそうだ。美味しい。

ペッパー君とはま寿司と

年の瀬は、絶対空いていると信じて、回転寿司のはま寿司に行った。案の定、空いていた。ペッパー君がお出迎え。家族向けだから、やたらとサイドメニューが多い店だ。

しかも、ワサビを自分で付けなければならない。

結局デザートを〆で食べてしまう。😂

イヌビワ発見、

2018年の干支の犬に纏わる植物を発見した。
犬枇杷とあった。縁起が良さそうなので、来年は元旦から観察しようと決心した。馬鹿みたいな事が楽しい。

りんごのスイーツいろいろ

りんごを一箱もらったので、そのまま食べて、後は少しスイーツにしてみることに。レシピを調べていくつか。

■ガトーインビジブル
2017年に流行ったインスタ映えのケーキ。りんごを薄くスライスして、卵、牛乳、バター、薄力粉の薄めの生地に混ぜて焼く。170℃のオーブンで50分~60分。50分にしたら中が少し生っぽかったので、焦げないように途中でアルミホイルかぶせるとかして、もう少し焼いてもよかったかも。

今回は中に、ブルーベリーを、上にレーズンとくるみをトッピングして焼いた。
切り分けてから、飾りでいちごとブルーベリーをのせて、粉糖をかける。

りんごはまだシャキシャキ感が残っていて、まぁうまくできた、おいしかった。中に入れたブルーベリーが生っぽく汁気が出る原因だったかも。次に作るときはレーズンとくるみとシナモンを生地に混ぜて焼いてみようかな。
もともとのレシピのシンプルに焼いてキャラメルソースとホイップクリームというのもいいな。

■ハッセルバックアップル
薄くスライスするつながりで、残ったりんごを今度はハッセルバック風の焼きりんごに。

芯を取って半分に切ったりんごの両端にお箸を置いて、5mm程度間隔に切れ目をいれていく。
バターとシナモンとブラウンシュガー、くるみとレーズンものせて200℃のオーブンで20分くらい焼く。

 

もともとそれほど赤い色じゃなかったけど、焼いたら茶色になってしまった。色を残すには温度と時間に工夫が必要かも。でも味はおいしく、切れ目が入ってるので食べやすかった。レーズンとくるみもいいアクセントに。  絶対バニラアイスを添えて。スーパーカップの超バニラを使いました。

■ヨーグルトバーク
今年のりんごは全部なくなった。残った冷凍いちごと冷凍ブルーベリーで、水切りヨーグルトに埋め込んで冷凍庫で凍らせて、2017年の流行りだったらしいヨーグルトバークも作りました。

はちみつが買えなかったので(ビールは買えるのに)あとからお砂糖を振りかけて食べた。でもおいしかった。

凍ったらせっかくひいたクッキングシートがくっついて離れなかったので、湯せんをかけて少し溶かしました。厚みがあった方がいいのかと思ったら、薄い方が食べやすいので今度は四角いバットに薄く延ばそう。包丁で少し切り目をつけて割っていく。夏に流行ったスイーツみたいだけど、冬でも暖房の効いた温かい部屋で少しずつ溶けていくのを食べるのはいいかも。