つけまカー

20130830-104104.jpg

車にもつけま。
スマートのヘッドライトにつけまつげ。
可愛く見えてしまうから不思議。
実際は公道を走れないけれど、こんな車でデートしたら、注目のまとになりそう。
いい夢みたい方は、六本木のベンツコネクションへ行ってみては?

温泉プチ旅行

20130829-121422.jpg

疲れたので、温泉に来ている。田舎町の利点は、一時間チョットで箱根や湘南、山梨などに行けることだ。

病院が経営している温泉だから、源泉かけ流し。ピュアな温泉。血圧が下がる。美肌になる。疲労が回復する。などなどメリットがいっぱい。

料理も健康食ばかり。プチ旅行気分で、毎回来ている。皆さんも、身体と心のメンテは、こまめにやってください。忙しいけど、もう帰る時間だ。

新宿スリープ

20130827-132451.jpg

新宿の伊勢丹、サブナードのシャッターが閉まっている。パジャマは、着ていないけれど、新宿スリープだ。
こんな日は、アカシアのロールキャベツを食うに限る。美味い。朝食抜きだったから、特に美味い。

雨が降る

20130825-102646.jpg

雨、雨、降れ降れ、もっと降れ。
庭の草木や野菜にとっては、恵みの雨だ。

水やりにも限界がある。雨乞いをする農民の気持ちが分かる。神からの贈り物だ。

あまちゃんでは、庭の風景があまり映らないが、牧歌的な田舎の庭が残像のように残る。元気の素は、水、太陽と少しばかりの食物だ。

それによって、みんなが潤う。おさ金は独り占めできる。でも、自然はみんなのものだ。雨が降ると、神降臨と思う。

天邪鬼

20130821-082539.jpg

朝からマック。
ソーセージマフィンと
ホットコーヒー。
そして、あまちゃんを観る。
小さな小さな幸せ。

身体に悪いと言われと
もっともっとやりたくなる。
ブラックと言われるから、
コーヒーはブラックで飲む。

真面目に生きないといけない。
反省しながら毒を食らう。
テレビ漬けのときを過ごす。

天邪鬼の本性が出てくる。
こんな些細なことが好きだ。

交差点で

20130818-122859.jpg

ただいま、33℃。原宿を行き交う人たちの熱気で、もっと暑く感じている。涼を求めているひとは、いない。熱い。熱い。熱い何かを求めて交差する。

この日本の美しい夏をいつまでも守りたい。ゴミの少ない、落書きが少ない、犬の糞を踏むことのない、綺麗な街を残したい。そんな気持ちになるくらい暑い。暑いょ。

みんなが笑うて暮らす社会

20130818-102033.jpg

みんなが、笑うて暮らせる世の中に、してもらいたいと千利休は、江に諭していた。世知がない世の中、貧富の差だけが広がり、笑えない人ばかりが増える時代。

文明が進んでも、儚い社会。幸せが見えない社会。憲法が変わり、軍国主義の時代よりも劣悪な環境になり、働いても働いても、収入も技術も向上しない社会。

IT化が進み、人間のやるべきことは、ひとを騙したり、人の心を破壊することではないはずだ。しかしながら、誰一人、心穏やかに生きられない。

みんなが笑うて暮らす世の中にしなければならない。それは、理想でも夢でもない。やらなければならない使命である。

パリコレカメラマン 大石一男

20130817-071555.jpg

昨日、カメラマンの大石一男さんが友達を連れて、海老名まで来てくれた。会うなり、遠いな、と呆れ顔で言われた。確かに、覚悟を決めないと来れる場所ではない。

大石さんは、パリコレのカメラマンとして、単身で乗り込み、日本人の地位を確立した大御所だ。三十年間、パリ、ミラノで活躍し、東京では、オフィシャルカメラマンとして陣頭指揮をとっている。

先生は、大リーグに単身乗り込んだ野茂英雄に似ている。彼の活躍無くして、大リーグへの道はなかった。本当のパイオニアを忘れてはならない。いろいろな意味を含め、大石先生を宣伝していこうと思う。

DNA受け継げず

20130816-124530.jpg

父親を温泉に連れて行った。もう90歳を超えている。すこぶる元気だ。肌つやもいい。血圧が100しかないと初めて知った。

多少、父親くらいまで生きるかもと、期待していたが、完全に絶たれた。DNAを受け継げなかった。しっかり、愛と死をみつめなければいけないと自覚したお盆になった。