八坂神社 海老名

八坂神社は、丹精な趣があり、本殿は一間社流造り杮葺き(いっけんしゃながれつくりこけらぶき)、総欅・木地仕上げの建物で屋根の正面に千鳥破風と軒唐破風を付け、壁面と小壁を日本神話や物語、龍や松に鷹と言った動植物の彫り物で飾っている。
住所:海老名市勝瀬9-1

八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老

杮葺(こけらぶき)は、屋根葺手法の一つで、木材の薄板を用いて施工する工法である。板葺(いたぶき)の代名詞にも使われる。日本に古来伝わる伝統的手法で、多くの文化財の屋根で見ることができる。
なお、「杮(こけら)」と「柿(かき)」とは非常に似ているが別字である。「杮(こけら)」は「こけらおとし」の「こけら」同様、木片・木屑の意味。ただし、両者は混用された(「こけら落し」参照)。
wikipedia

相模ダム建設に伴い日連村勝瀬から移築されました。本殿の建築年代は19世紀中頃とされ、幕末の特色をよく示し、また移転の歴史を証左するものとして海老名市指定の重要文化財となっています。
海老名観光

八坂神社は、相模湖ダム建設に伴い、日蓮村勝瀬(現相模原市緑区)から移転してきた神社です。
鳳勝寺と一体となった社寺林で八坂神社に植林されたヒノキと赤松が1本あります。
海老名mapion

カテゴリー: kaz

コメントを残す