第 72 回カンヌ国際映画祭 監督賞を受賞したジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督最新作『その手に触れるまで』が、5月22日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

ぬくもりを知るとき,隣に誰かがいることの尊さ,ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督,その手に触れるまで,
© Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF

ダルデンヌ兄弟作品のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品は8連続の快挙。さらに、監督賞受賞により、同映画祭で審査員賞を除くすべての主要賞受賞という史上初の偉業を成し遂げた『その手に触れるまで』。この度、予告編とポスタービジュアルが解禁となりました。

ぬくもりを知るとき,隣に誰かがいることの尊さ,ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督,その手に触れるまで,
© Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF

予告編視聴用

ぬくもりを知るとき、隣に誰かがいることの尊さを知る。

ぬくもりを知るとき,隣に誰かがいることの尊さ,ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督,その手に触れるまで,
© Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF

13 歳の少年アメッドはどこにでもいるゲーム好きの普通の少年だったが、尊敬するイスラム指導者に感化され、過激な思想にのめり込み、学校の先生をイスラムの敵と考え、抹殺しようとする。狂信的な考えに囚われた少年の気持ちを変えることはできるのだろうか……?

まだ世界を知らないまま、善と悪、純粋と不純を分け、たどり着いた過激な正義。それは宗教的思想に限らず、他者を受け入れなくなる思春期の経験に重なる。人の変化は急には起こらない。周囲の人たちとの関わり合いの中から、その人なりの正解を導き出す。

いくつもの出来事を積み重ね、感情の変化を丁寧にすくいとり、緊張感を持ったまま、厳しさと優しさに満ちたラストシーンを迎える。“特別な子供”ではなく、すぐそばにいる子供の成長を見届けるような温かさをもって、普遍的でいて、これまでにない少年の成長物語が誕生した。

解禁されたポスタービジュアルは、どこか一点を真剣に見つめる 13 歳の少年アメッドの表情が印象的な 2 枚の写真がメインとなっている。場面写真には、アメッドと登場人物たちとの交流が見える。勉強を教える先生、畑で見つめ合う少女、抱き寄せる母親……それぞれアメッドに向き合っているが、どこか無表情なアメッド。

「ぬくもりを知るとき、隣に誰かがいることの尊さを知る。」というキャッチコピーのように、向き合ってくれる人の大切さに気付くのだろうか、と思春期の少年の不安定さを感じながらも、暖かなラストを予感させる。

予告編は、アメッドが足もとに隠していたナイフを手に取り、学校の先生・イネスに襲い掛かる、緊張感あふれるシーンから始まる。母親の心配をよそに熱心に礼拝所へ通い、思春期特有の潔癖さも手伝い、過激なイスラム思想に感化され、イネスを拒んでいくアメッド。彼が出会う人々と共に過ごす時間を通じて、頑なになったアメッドの心を変えることができるのだろうか……?

アメッドが突如として車を飛び出し、駆け出した先に待っているものとは――? 「アクション映画のように緊迫感に溢れる」「社会の現実に根差した感動的なドラマ」というレビューが表す通りに、ダルデンヌ兄弟の十八番ともいえる「人の心がどう動いていくのか」をサスペンスフルに描きながらも、感動的なドラマを予感させる。

ぬくもりを知るとき,隣に誰かがいることの尊さ,ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督,その手に触れるまで,

STORY

胸を強く締め付ける、厳しさと優しさに満ちたラストシーン。
13 歳の少年アメッドはどこにでもいるゲーム好きの普通の少年だったが、尊敬するイスラム指導者に感化され、過激な思想にのめり込み、学校の先生をイスラムの敵と考え、抹殺しようとする。狂信的な考えに囚われた少年の気持ちを変えることはできるのだろうか……?

監督・脚本:ジャン=ピエール&
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック

エンディング曲:フランツ・シューベルト「ピアノ・ソナタ第 21 番変ロ長調 D.960 第二楽章 Andante sostenuto」(演奏:アルフレッド・ブレンデル)
後援:ベルギー大使館
配給:ビターズ・エンド
2019 年/ベルギー=フランス/84 分/1.85:1
映倫:G
http://bitters.co.jp/sonoteni/
© Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF





ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ をamazonで探す
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌは、ダルデンヌ兄弟として知られる、兄のジャン=ピエール・ダルデンヌ(Jean-Pierre Dardenne, 1951年4月21日 – ) と弟のリュック・ダルデンヌ(Luc Dardenne, 1954年3月10日 – ) の二人の兄弟からなるベルギーの映画監督。 ウィキペディア

午後8時の訪問者 [DVD]アデル・エネル (出演), オリヴィエ・ボノー (出演), ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ (監督)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

コメントを残す