有鹿神社 海老名

有鹿神社 海老名

頭はパンダ、身体は神職のパンダ宮司で有名な有鹿神社はパンダをキャラクターとして全国区にのし上げた。神社は、誕生から老後まで庶民の日常生活に欠かせない存在である。その意味でも、パンダ宮司は、積極的に若者から老人まで神社へ参拝するための動機造りを行っている。ヴィジュアル時代だから、誰にでもわかるパンダや干支のイノシシをキャラクターとして、大々的に露出させている。神社は、古いだけで下火になってしまうところもある。弥生神社などのように新しく合祀(ごうひ)させた神社が人気があったりする。

有鹿神社 海老名
有鹿神社 海老名
有鹿神社 海老名
有鹿神社 海老名

神奈川県神社庁によると、奈良から平安初期まで、海老名耕地という大墾田を背景として、有鹿郷の中心に国府がおかれていた。国府の守護をする神社として有鹿神社は霊験あらたかな神社であり、天智天皇3年(664)、国家的な祭礼を行い、また、延長5年(927)、延喜式の制定により式内社に列せられた。広大な境内には美麗な社殿が建立されており、また、天平勝宝8年(756)、郷司の藤原廣政の寄進により、海老名耕地五百町歩が神領となったそうだ。

有鹿神社 海老名

8世紀中頃には相模国分寺が創建されていたと言われている。奈良時代である。日本仏教による鎮護国家を目指して、天平文化が花開いた時代でもあった。聖武天皇は、三世一身法に代わる法律として、743年に墾田永年私財法を出し、開墾した土地の永久私有を認めた。この法律によって、貴族や寺院、地方の豪族たちは農民を使って開墾を行い、私有地を広げるようになり、公地公民制はくずれ、この私有地は後に荘園とよばれるようになった。また、8世紀の中ごろに、伝染病が流行し、また、災害や貴族の争いなども起こったため、仏教を深く信仰していた聖武天皇は、仏教によって国を安定させようと、都に東大寺を建て、行基という僧を中心に大仏をつくらせ、国ごとに国分寺と国分尼寺を建立させたとある。

そんな時代でも神社は神社で輝かしい歴史を作っていた。

神奈川県海老名市上郷1-4-41

【参考資料】
有鹿神社公式サイト
神奈川県神社庁

ネットの学校、Hello School

八坂神社 海老名

八坂神社 海老

八坂神社は、丹精な趣があり、本殿は一間社流造り杮葺き(いっけんしゃながれつくりこけらぶき)、総欅・木地仕上げの建物で屋根の正面に千鳥破風と軒唐破風を付け、壁面と小壁を日本神話や物語、龍や松に鷹と言った動植物の彫り物で飾っている。
住所:海老名市勝瀬9-1

八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老
八坂神社 海老

杮葺(こけらぶき)は、屋根葺手法の一つで、木材の薄板を用いて施工する工法である。板葺(いたぶき)の代名詞にも使われる。日本に古来伝わる伝統的手法で、多くの文化財の屋根で見ることができる。
なお、「杮(こけら)」と「柿(かき)」とは非常に似ているが別字である。「杮(こけら)」は「こけらおとし」の「こけら」同様、木片・木屑の意味。ただし、両者は混用された(「こけら落し」参照)。
wikipedia

相模ダム建設に伴い日連村勝瀬から移築されました。本殿の建築年代は19世紀中頃とされ、幕末の特色をよく示し、また移転の歴史を証左するものとして海老名市指定の重要文化財となっています。
海老名観光

八坂神社は、相模湖ダム建設に伴い、日蓮村勝瀬(現相模原市緑区)から移転してきた神社です。
鳳勝寺と一体となった社寺林で八坂神社に植林されたヒノキと赤松が1本あります。
海老名mapion

シリーズ 大江戸 第1集 世界最大!! サムライが築いた“水の都”

シリーズ,大江戸,サムライが築いた,水の都,

2020年のオリンピック・パラリンピックを前に、国内外から熱い注目を集める東京。そのルーツの町「江戸」をめぐり、新たな発見や研究が相次いでいる。150年前、1868年にその名を失った“日本史上最大のロスト・シティー”江戸。その知られざる姿を、ドキュメンタリーやドラマ、高精細のCGなど、多彩な演出で描く3回シリーズ。

シリーズ,大江戸,サムライが築いた,水の都,

第1集は、巨大都市建設の物語。小さな田舎町だった江戸は、徳川家康が幕府を開いてから100年ほどで、世界最多100万の人口を抱える大都市に成長した。その原動力はどこにあったのか? 最近、江戸初期の都市計画を描いた最古の図面や、幕末期の江戸を写した写真が見つかるなど新たな発見が相次ぎ、その変遷が詳しく分かってきた。江戸は、水を駆使して造り上げた、世界に類をみないユニークな都市だった。巨大な“水の都”江戸誕生の秘密に迫る。

NHKスペシャル シリーズ 「大江戸」

たった100年で世界的大都市に“大江戸”誕生の秘密とは!?

このシリーズの特徴は、写真から再現している点だ。
幕末の江戸を撮影した写真がオーストリアで保存されていたそうだ。その写真が半端ない。高精細ネガだから、洗濯物から壁に描かれた“いたずら書き”まで丸見え。「相合い傘」や「へのへのもへじ」など庶民の暮らしが透けて見えるほどの情報が入り込んでいた。それを元に世界一の江戸を再現したのはNHK。そんな話はすでに削除されていたが。

水路によって流通が頻繁に行われた点や、藩ごとに築いた石垣などは、今でもマークがあるので確認できる。また、石切り場として伊豆が最も多かったには驚かされた。
水道奉行・伊奈忠治と伊奈忠克の親子が多摩川から約43キロの水路を使って江戸まで水を引こうとして苦労した話も面白かった。水道が出来たことで江戸は百万人都市になることが出来たそうだ。「水」と「石」がこんなに重要なこととは知らなかった。続きがみたいシリーズだ。

NHKスペシャル シリーズ 大江戸の世界 (洋泉社MOOK)

門沢橋から本郷神社まで

不動明王

海老名市に門沢橋という駅がある。この辺の地名は、本郷という。東京大学と同じ地名だ。杉久保の赤坂から本郷上谷津、根、下谷津にかけての谷戸低地には水田が広がり里山の風景を残している。真ん中に柏尾通大山道が横浜と厚木に向かって貫いている。その周辺を散策してみた。

海老名
海老名

門沢橋
門沢橋

戸田の渡し場跡
戸田の渡し場跡

富士山
富士山

まずは、戸田の渡し場跡。大山詣りは、江戸時代のポピュラーな参拝詣でだったそうだ。「大山参りの人々は行者とも呼ばれ、白の行衣、菅笠に手甲、脚絆、着茣蓙(きござ)を背負い、腰に鈴をつけ「六根清浄」の掛念仏を唱えながら大山道を歩いた」と言われている。大山詣り(おおやままいり)という落語があるほど庶民にもしられていた街道だ。

ポケモンGOが配布しているマップを頼りに歩いてみた。戸田の渡し場跡は、不動塔があって、イメージとだいぶ違った。それでも、富士山がくっきりと見える絶景ポイントだったので感激で相模川まで足を延ばしてしまった。

Uターンして澁谷神社を超え、本郷神社まで歩いた。途中、永池川という川にさしかかた。海老名観光情報によると「国分尼寺の近くの浅井の泉が水源といわれ、寒川町で相模川に合流します。様々な生物が生息し、緩やかな川です」だそうだが、どぶ川と化していた。

本郷神社には、子連れママや隣のマンションにあるインターナショナルスクールの子供たちが遊んでいた。のどかな田園風景を味わえた。

澁谷神社
澁谷神社

澁谷神社
澁谷神社

永池川
永池川

パン屋さん
パン屋さん

柏尾通大山道
柏尾通大山道

不動明王
不動明王

大山道
大山道

本郷神社
本郷神社

本郷神社
本郷神社

インターナショナルスクール
インターナショナルスクール

パンダ神社


海老名の有鹿神社(あるかじんじゃ)は、パンダで有名だ。宮司がパンダの被り物をして一躍有名になった。
とてつもない破天荒な事が、宣伝になったそうだ。縄文時代からある神社を宣伝しない手はない。

『約1万年前に氷河期が終わり温暖化となり、豊かな縄文時代に入り、神奈川県辺りの縄文集落は、1つの国家としての機能を持っていたことも考えられる。その国家が信仰した神の1つが有鹿比女命だとも言える。
相模近辺の民が信仰していた神は、他の土地からやってきた「征服者」によって、その征服者の本拠地に移動させられ、有鹿神社の本宮は海老名の相模川横に鎮座した。』とある。

相模国最古級の有鹿神社と勝坂遺跡

富士山と穭田

稲刈りが終わった後の田んぼを穭田(ひつじだ)というそうだ。大山から覗く富士山と田んぼの風景は、残るのだろうか。田園風景も開発開発で消えて無くなる。

金に目が眩んで都市化を進めれば、あっと言う間にコンクリートジャングルになる。そして、年数が古い順に廃墟となる。未来の子供達に残すべきものは残す。それがせめてもの社会貢献になるのだが。

超入門!落語 THE MOVIE – NHK

落語家が喋っている音を聴きながら、アテレコで俳優や芸人達が映像として演技する番組がある。千鳥の大悟さんがやった落語は、面白かった。本当に適役だった。

他にも酔っ払い役の佐藤二郎さんなども当て役だつた。声は落語家さんなのて、女性役の女優さんなどは違和感があるが、直になれて話の中に入り込んでしまう。

特に、『ツリは要らねえ、余ったら土地でも買ってくれ』と言う落語の中のフレーズが気に入ってしまった。
今年はこれで、笑い飛ばそうと思ってしまった。

落語・・・たったひとりの噺家が座ったまま物語を語り、多彩な登場人物や情景、笑いと人情の機微を伝える・・・観客は想像力をフルに働かせて楽しむ、 すぐれた「脳内エンターテインメント」ですとある。

http://www4.nhk.or.jp/rakumov/

氷の世界

氷の世界に朝散歩

蒼く拡がる空の下、寒風もおさまり、穏やかな朝を迎えた。

水鳥の池に、鷺が日向ぼっこをしている。

池に目をやれば、鴨たちが水辺で静かな時を過ごしている。

人間だけが、忙しく動いている。

折角の休暇だから、動き回る必要が無いのに。

本当の正月を楽しんでいるのは、人間以外の動物たちかも知れない。

 

 

お節と八海山と

 

横浜の実家で手作りのお節を頂いた。ここで、お正月を家族で楽しむのだ。

家の冷蔵庫には、お節は伊達巻きしかない。

運転するので、お酒が飲めない。だから、八海山をおすそ分けしてもらった。父が新潟出身だから、酒、米、魚介類が送られてくるそうだ。美味しい。