三島神社 海老名

三島神社 海老名

三島社(みしましゃ)の祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)。ご神体は武者姿でしたが、昭和23年2月9日の火災で焼失。祭神の本仏地は「新編相模国風土記稿」によれば、天保年間(1830~43)には薬師如来であったとされます。境内にはかつて、正徳4年(1714)に粉川市正が鋳造した供鐘があったという。

三島神社 海老名
三島神社 海老名

ご神木は周囲約8.5メートルの槻(つき)の木で、中に空洞があり大蛇が住んでいたとの伝承がありましたが、現在は残っていない。「槻」の意味はケヤキの古名のこと。境内に向かう参道には数本のクスノキとムクノキがあり、神社の裏手に廻ると、自然緑地保全樹木に指定された見事なマキの大木があります。

マキは、照葉樹林に生育し、神社林などでは優占している場合もあるという。その意味でも槻(つき)に始まり、クスノキとムクノキ、マキと神社になくてはならない樹木の宝庫のようだ。

三島神社 海老名
三島神社 海老名

神奈川県海老名市社家3392

【参考資料】

三島社の 不動明王 いかめしく
海老名市社家にある「三島社(みしましゃ)」