minne(ミンネ)のチョーカー特集に紹介されました

その日個人的にもいいことがあったというのは、家に戻ってからメールを見てみるとメールがいっぱいになってる!びっくり!!minne (ミンネ)で、わたしのma.no.wa の作品へのお気に入り登録が続々と増えています。今まで一日にせいぜい10 view もあればいい方だったのに。タイムスタンプを見ると、ちょうど出かけた頃から増え始めてそれがずっと続いている。ミンネの特集(チョーカー特集)に掲載されたみたいです。

インディゴブルーのフリンジチョーカー

アプリを開くと、どーんと自分の作品が!
首元にアクセントチョーカー特集

なんと表紙に使われていてまたびっくり

ミンネのトップページにも載ってました。うれしい!2017/6/25

 

首元にワンポイント。個性を添える「チョーカー」minne mag. にも

首元にワンポイント。個性を添える「チョーカー」 こちらも表紙に使われていて感激

 

存在感抜群の360度フリンジデザインとご紹介いただきました。

もちろん特集で取り上げていただいたからなのですが、(感謝!)
6/25だけびゅーんっとアクセス数が増えていて

宇宙のパワーを感じざるをえません(©あばれる君@やりすぎ都市伝説)ww

ma.no.wa(マノワ)


ずっと以前から温めていた ma.no.wa(マノワ)をやっとスタートさせた。
名前の由来は、家族の頭文字をとってつながりを表していて、音の響きがかわいいから。トレードマークのろばは、昔のわたしのニックネームから。ろばの写真を集めてあったので、これもiPad Proで、去年から練習していたMediBang Paintを使ってアイコンを描いた。

ハンドメイドマーケットのminne ミンネで、はじめました。

minne ミンネ

フリンジネックレス¥4800

軽くてストレスなく、わたしも気に入ってつけてます。こころとからだがゆるむように。メンズのモデルは息子がやってくれました。ありがとう。これからゆっくり育てていこうと思ってます。

Coci la elle コシラエル かさ展

大好きなブランドのCoci la elle(コシラエル)のかさ展に行ってきました。

これが原画、押し花の感じがすてき。

それをプリントしたテキスタイルがこちら。

そしてそれが傘に。

一点物の日傘もいっぱい。色々なハンドルの展示や、レインコート、スカーフ、ハンカチ、iPhoneケースなどの小物もありました。初めてのビジュアルブック「かさ」の出版を記念した展覧会。

スライドショーには JavaScript が必要です。

■ビジュアルブック「かさ」

ジョージア・オキーフの家

アメリカのニューメキシコ州、サンタフェにあるジョージア・オキーフのゴーストランチとアビキューのふたつの家。大自然の中で絵を描いて暮らすその意思の強いポートレイトもかっこよく憧れる。

黒いつば広ハットに白いスカーフ、白いシャツに黒いドレスなどのモノトーンファッションも素敵だ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

モチーフとして使われる動物の骨や、自然の土の色。潔い美意識のインテリアもインスピレーションがわく。

実際の家や周りの風景の写真と描かれた絵を対比させているものも見られて興味深い。

白洲正子ときもの展

本展では、正子が母から受け継いだ帯や能舞台に立った時の着物、白洲邸武相荘での暮らしぶりを感じさせる季節ごとの着物や和装小物、日常に用いた器や書斎で愛用した品々など約150点を展観。白洲正子が愛した“きもの”の魅力をご紹介いたします。

久米島紬や結城紬に、イカットやコプト文様の帯合わせ。着てこそわかる渋いきものたち。こういうところで見るきものは相変わらず小さくて、こんなに日本人は小柄だったのだなという印象。そして今もたくさんの人が憧れるライフスタイル、美意識に、すごいなぁと。木綿の白地に紺の縞のきものがすっきりとかっこよかった。今ならこんなシャツスタイルのような普段きものが着たいと思う。白洲正子さんの仕事中の文机を再現したものが興味深かった。白洲次郎さんが作ったという棚やランプなども見られました。

展覧会の外に出ると松屋ではいつもの着物や和小物類の販売エリアへ。日本のレースだと思う『こぎん刺し』の袋ものなどに心惹かれる。

鶴川にある武相荘へはいつか行ってみたいといいながら、まだ行けていない。

白洲正子ときもの
松屋銀座8階イベントスクエア
~1/16(月)まで
開場時間:10:00~20:00
最終日:~17:00まで
入場料:一般1000円