ヘイトクライマーって

ヘイトクライマーと言うワードがアメリカのドラマによく出てくる。ウィキペディアによると、

ヘイトクライム(Hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる犯罪行為を指す。

とある。わしは、小さい頃、大人達から、朝鮮人や中国人は怖いから近づくなみたいな教育を受けた。中華街に行くと人さらいにあうと脅されて育った。すでにテレビでは、美空ひばりや力道山が活躍して、熱狂しながら観ている時代にだ。

それから、就職してから、中国人の経営するブティックのママに、娘さんを嫁にしないかと言われた。すでに、結婚していたので丁重にお断りした。本当に信頼してくれた証だ。今までの偏見が、目の前で消えて行った。民族や人種など障害にならないと自覚させられた。ネットで在日方たちのリストを探せば、大物の著名人、有名人がわんさか登場する。

ヘイトクライマーになる前に、相手を選んで仕事をするなといいたい。有能な人の多くが日本人じゃない場合が多い。わしがそうだったように、無知とは、犯罪以上にたちが悪い。

カテゴリー: kaz

コメントを残す