貧乏人は飯を食うな それでも生きる方法とは

嬉しい事があった。食事量を減らしたら、生ゴミが三分の一に減った。我が家で初めての快挙だ。ゼロ円生活を一週間続けた成果は、直ぐにでた。何があっても生けていける準備が整ったようで嬉しい。

人は食べなくても生きられる 山田 鷹夫

1950年に『貧乏人は麦を食え』と言った政治家がいた。『貧乏人は麦を食え』のフレーズは、マスコミの報道であり、池田本人の言ではないそうだ。「所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食う」というような発言だったそうだ。当時は、ばか正直な人間が多かった。隠すことなく、感情剥き出しだ。まだ、若かった池田勇人大蔵大臣(当時)だ。今やセレブも食べる健康食だ。

言われなくても、田舎の貧乏人は麦飯だった。私の小学時代は、麦と白米のブランドに昇格していたが。(笑)

その後
子供心に政府の言う事を聞いていたら、楽しい家庭が壊れると思った。
生活のため、家族のため、出稼ぎには出かける家庭が増えた。近代生活が、出来ても幸せは消えた。父親のいない家族を母親が守る。そんな生活は、やつばり、不自然だ。自分たちで生きるすべを学びたいと思う。

貧乏人は麦を食え
『御承知の通りに戰争前は、米一〇〇に対しまして麦は六四%ぐらいのパーセンテージであります。それが今は米一〇〇に対して小麦は九五、大麦は八五ということになつております。そうして日本の国民全体の、上から下と言つては何でございますが、大所得者も小所得者も同じような米麦の比率でやつております。これは完全な統制であります。私は所得に応じて、所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に副つたほうへ持つて行きたいというのが、私の念願であります。』 — 池田勇人(大蔵大臣)
参議院予算委員会 昭和25年(1950年)12月07日
『貧乏人は麦を食え』はマスコミの報道であり、池田本人の言ではない。
をamazonで探す池田 勇人(いけだ はやと、1899年(明治32年)12月3日 – 1965年(昭和40年)8月13日)
日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。
大蔵次官、衆議院議員(7期)、大蔵大臣(第55・61・62代)、通商産業大臣(第2・7・19代)、経済審議庁長官(第3代)、自由党政調会長・幹事長、内閣総理大臣(第58・59・60代)などを歴任した。
池田は吉田茂からの信認厚く、その自信過剰のあまり問題発言を連発し、物議をかもすこともあった(詳細は後述)。大蔵・通産大臣(第3次吉田内閣)時代の1950年3月1日、「中小企業の一部倒産もやむを得ない」、さらに12月7日、「貧乏人は麦を食え」と発言したとしていずれも問題となる。

池田勇人をamazonで探す
幹事長だった福田赳夫が「岸総理(安部さんのお爺ちゃん)に『所得倍増』をいわせるんだ」と言っていたという。経済企画庁の大来佐武郎が、福田が幹事長だったときに説明に言ったら福田が「何か二倍になるものはないか」と言ったと証言しており、福田の幹事長就任は1959年1月のため、福田は池田の『所得倍増』のアイデアを盗み、池田-下村ラインの経済政策を岸-福田ラインが内閣の方針として取り込もうとしたものと考えられる。

人は食べなくても生きられる 山田 鷹夫 (著)
不食実験3年目の事実がここにある! 食べるって本当に必要なことなの? 不食には、食べる以上の歓びがある! 常識を疑え! 食べなければ疲れず、病気せず、若返る!不食の魅力にとりつかれた著者から1億3千万人への提案。

コメントを残す