りんごのスイーツいろいろ

りんごを一箱もらったので、そのまま食べて、後は少しスイーツにしてみることに。レシピを調べていくつか。

■ガトーインビジブル
2017年に流行ったインスタ映えのケーキ。りんごを薄くスライスして、卵、牛乳、バター、薄力粉の薄めの生地に混ぜて焼く。170℃のオーブンで50分~60分。50分にしたら中が少し生っぽかったので、焦げないように途中でアルミホイルかぶせるとかして、もう少し焼いてもよかったかも。

今回は中に、ブルーベリーを、上にレーズンとくるみをトッピングして焼いた。
切り分けてから、飾りでいちごとブルーベリーをのせて、粉糖をかける。

りんごはまだシャキシャキ感が残っていて、まぁうまくできた、おいしかった。中に入れたブルーベリーが生っぽく汁気が出る原因だったかも。次に作るときはレーズンとくるみとシナモンを生地に混ぜて焼いてみようかな。
もともとのレシピのシンプルに焼いてキャラメルソースとホイップクリームというのもいいな。

■ハッセルバックアップル
薄くスライスするつながりで、残ったりんごを今度はハッセルバック風の焼きりんごに。

芯を取って半分に切ったりんごの両端にお箸を置いて、5mm程度間隔に切れ目をいれていく。
バターとシナモンとブラウンシュガー、くるみとレーズンものせて200℃のオーブンで20分くらい焼く。

 

もともとそれほど赤い色じゃなかったけど、焼いたら茶色になってしまった。色を残すには温度と時間に工夫が必要かも。でも味はおいしく、切れ目が入ってるので食べやすかった。レーズンとくるみもいいアクセントに。  絶対バニラアイスを添えて。スーパーカップの超バニラを使いました。

■ヨーグルトバーク
今年のりんごは全部なくなった。残った冷凍いちごと冷凍ブルーベリーで、水切りヨーグルトに埋め込んで冷凍庫で凍らせて、2017年の流行りだったらしいヨーグルトバークも作りました。

はちみつが買えなかったので(ビールは買えるのに)あとからお砂糖を振りかけて食べた。でもおいしかった。

凍ったらせっかくひいたクッキングシートがくっついて離れなかったので、湯せんをかけて少し溶かしました。厚みがあった方がいいのかと思ったら、薄い方が食べやすいので今度は四角いバットに薄く延ばそう。包丁で少し切り目をつけて割っていく。夏に流行ったスイーツみたいだけど、冬でも暖房の効いた温かい部屋で少しずつ溶けていくのを食べるのはいいかも。