初めの回転寿司のスシロー

回転寿司のスシロー

初めて、回転寿司のスシローに行った。平日なのに混んでいた。待つこと30分。まず驚くのが、握りなのに、ワサビが無い。ワサビや塩は、別のケースに入れられて回転してくる。自分でサビを加える。

回転寿司のスシロー

だいぶ、お皿の数も増えた頃、テレビで回転寿司のラーメンが人気だと観た事を思い出した。調理の最中に出る、魚の頭やエビの頭などをごみとして廃棄するのでなく、リサイクルできないかと思案していたら、ラーメンのスープに使えないかと思いついたそうだ。魚介スープだ。早速、注文したら、熱々の丼が登場した。
回転寿司のスシロー

タッチパネルで注文すれば、自分の席の近くになると、お知らせがあるので、間違えなく、キャッチ出来る。完全自動化だ。慣れるとこれが心地よくなる。ストレスフリーな店舗のように見えるが、席に着くまでの待ち時間が長い。これが課題だ。それでも、会計金額で満足する。楽しいランチタイムが過ごせる。

株式会社あきんどスシロー | TOP | 寿司(すし)・回転寿司

スシローをamazonで探す