「月と蛹」沖潤子展

資生堂ギャラリーで開催された第11回資生堂アートエッグ「月と蛹」沖潤子展を見てきました。

沖潤子は、個人的な、あるいは何らかの物語が垣間見える古布に、自己流で始めた繊細な刺繍を施します。布が経てきた時間とその記憶に沖の針目が重ね合わされることで、偶然性をも含んだオブジェが立ち現れます。布は皮膚であり、針を刺すのは記憶を留めるためという沖の創作行為は、まるで古布に新たな生を与えているように感じられます。本展では、蛹(さなぎ)をイメージとして重ね合わせた刺繍作品を中心に据え、針を題材とした作品、および映像作品も展開する予定です。人間が持つ創作活動への根源的な欲求と転生といった主題を取り上げることで、既存の刺繍や工芸といったジャンルに捉われない独自の表現を探求します。

第11回 shiseido art egg 審査結果

月と蛹という言葉がぴったりとはまり、ひんやりとした空気感の中、刺繍という概念を覆す刺繍作品に圧倒されました。古い布(襦袢や帯、東北の野良着、暖簾など)に緻密に針を重ね、立体的に浮かび上がる。映像作品は蝉の声の中、月のような円形に徐々に増殖していくかのような糸の針目が。顕微鏡で覗いているかのような感覚もしました。

私の頭の中のBGMは戸川純のカノンの調べにのった蛹化の女が静かに流れてました。
「月光の白き林で、私は虫の女」私もパンク世代なだけに(笑)
PUNKには衝撃を受けました。

沖潤子さんがちょうど会場にいらしたので、少しお話もさせていただきました。感激です!
この展覧会は写真撮影OKで、SNSで#タグつけて投稿してくださいとのこと。いいですね!こういうの。

スライドショーには JavaScript が必要です。